綺麗な花.com

人気の高い品種や育てる際のポイントについて

ロゴ

品種を決めよう

キクは色んな種類があると知られています。もし、育てるのなら、その中でも人気の高い品種を選んだほうが楽しいでしょう。どのような品種が人気で簡単なのか、ランキングを参考にして調べてみるといいです。

新着情報

人気の洋菊ランキング

no.1

ポットマム

1位に輝いたのは、ポットマムです。色も豊富で、赤やピンクにオレンジ、黄色など好きな色を選べます。比較的簡単に育てられるのも人気の秘訣でしょう。

no.2

スプレーキク

パステルカラーの花で有名なスプレーキクが2位にランクインしています。スプレーキクは5輪から7輪程が揃って咲いているものがとても人気です。

no.3

クッションマム

小輪の菊で、彩りも豊富な品種が3位にランクインです。摘芯をしなくても良いので、手軽に育てることができます。全体を覆いながら花を咲かせてくれるのです。

no.4

ポンポン

こちらも小輪の洋菊です。ポンポン咲きとして知られており、4位にランクインしています。基本的に花芯が濃い色をした2色ポンポンがとても人気です。

no.5

ガーデンマム

分岐して半球形になる品種のキクが5位にランクインしています。雨に強い品種なので、庭やベランダで育てるのに適している品種です。

初めての方に

自分が育てたい品種が決まったら、次は育て方のポイントをチェックしてみましょう。ちょっとしたポイントを押さえておけば、立派な花を咲かせることができます。

<PR>
キクの育て方をリサーチ。
人気のガーデニング!素敵なお庭づくり?

育てるポイント

キク

土を与える

基本的に水捌けの良い土を使いましょう。キクの育て方として、基本的なポイントとなります。土は赤玉土3に腐葉土が4,パーライト2にくん炭1の割合で混ぜたものを使用します。

水を与える

水をたっぷりと与えすぎると、根腐れを起こしてしまう可能性があります。鉢植えで育てる場合は、土の表面が乾いてから水を与えましょう。夏は1日に2回、冬は1日に1回が目安になるでしょう。

肥料について

花つきを良くしたい場合は、肥料の与え方に工夫を施してみましょう。リン酸が多い肥料を与えるのがコツです。また、植え替えるなら米ぬかや魚粉を発酵させた肥料を混ぜ込みます。

日光に当てる

キクは日光が好きな花です。その為、日光をたっぷりと当ててやる必要があるでしょう。できるだけ日当たりの良い場所で育てます。また、日照時間が短くなってくると花を咲かせるでしょう。

剪定など

基本的にキクが咲き終わったら、花茎を切り取ります。つけ根の辺りから切り取るようにしましょう。また、背丈が伸びやすいので、剪定を行ないます。剪定を行なうことで、生育を促せるのです。