綺麗な花.com

三大要素について勉強しよう

ロゴ

肥料についての知識

菊

窒素

Nと表記されているのが窒素です。葉肥えと呼ばれており、葉や枝を生い茂らせる働きがあります。基本的に窒素過多になると、実や花がつきにくくなってしまうので、与える量には注意しましょう。

リン酸

リン酸は、Pと表記されています。リン酸によって、実や花の付きが良くなります。実肥えと呼ばれる要素です。キクの育て方としては、リン酸をたっぷりと与えます。そうすることで、毎年綺麗な花を咲かせるでしょう。

カリ

Kと表記されている要素です。基本的に根っこや茎などの発育を促します。根肥えと呼ばれる要素で、健康でしっかりとしたキクを育てるには欠かせないものでしょう。

基本となる要素

肥料の基本は、窒素とリン酸とカリです。そのため、この3つがバランス良く配合されている肥料を選ぶと失敗もないでしょう。7-7-7や10-8-7という数字は、三大要素である窒素リンカリの配合比率を現しているのです。肥料を購入する時は、チェックしておきましょう。